引越し スケジュール

引越しのスケジュール作成

人事異動や就職、転職、入学。

 

理由は人によって異なりますが、新生活を迎える人たちの「登竜門」とも言えるのが「引っ越し」です。

 

というのも、「新居探し」から「現住居の解約通知」、「引っ越し業者の選定」、「荷造り」、「住民票移転などの行政手続き」、「ガス、水道、電気、電話などインフラ事業者への連絡」など「引っ越し」までの短期間、だいたい1カ月〜2週間でやらなければならないことが盛りだくさんだからです。

 

いざ「引っ越し」が決まったとき、真っ先に確認しないといけないのは「いつまでに引っ越す必要があるか」ということです。新居が決まったら、すぐに「現住居の解約手続き」を行いましょう。

 

大家さんへの連絡が遅れると、余分にお金がかかる恐れがあるので、できるだけ速やかに。契約によりけりですが、たいてい1カ月〜1カ月半前に申し出ないと「もう引っ越してしまって住んでもいないのに、翌月の家賃を支払わないといけない」という事態に陥りかねません。

 

次に「引っ越し業者の選定」です。最近はインターネットで複数業者から「見積もり」を取れるので、新居が決まった段階ですぐに依頼しましょう。

 

「見積もり」するまでには、最低でも「日時」「場所」「予算」「荷物の量」は確認しておく必要があります。最近では、インターネットで手軽に複数業者から「見積もり」を取れますが、業者からの問い合わせの電話やメールが一気に来るので逆に時間を取られかねません。時期によって相場は違いますが、あらかじめ依頼したい業者と予算の上限を加味して2〜3社程度にまで絞り込んでおきたいところですね。

 

業者と引っ越しが決まったら、「荷造り」スタートです。一人暮らしだと荷物も少ない分、後回しにしがちですが、なるべく早く取りかかりましょう。

 

合わせて「行政手続き」も忘れずに。まずは「住民票の移転」です。「転出届」は「引っ越し」の14日前、2週間前から提出できます。「引っ越し」先が近くだと忘れていても、なんとかなりますが、遠かったら後の祭りなので、気を付けてください。

 

あと忘れがちなのが、電気やガス、水道といったライフラインの移転手続きです。ガスの場合は立ち合いが必要なので、できるだけ早めに連絡しておいたほうがいいです。インターネットでの申し込みできますし、早めに連絡しておけば日時も選べます。合わせて新居での開通手続きもしておくといいですね。インターネットや電話の移転手続きも忘れずに。

126,000円→52,500円まで安くなった! 引越し料金が【50%以上も安くなった】、無料で出来る引越し一括見積もりとは? テレビでおなじみの大手引越し業者から、地域密着型の引越し業者まで、全国160社からなる提携業者の中から、あなたにあったサービスの最安値業者が分かります。 引越し侍は全国160社以上と提携! 引越し侍の主な全国提携業者 ※裏技:すでに業者が決まっている方でも、一括見積もりの中の最安の見積り書をその業者に持っていけば、今よりも更にお安くなる可能性大です!

→【無料で使える】一括見積もりの公式サイト