引越し 年金手帳


126,000円→52,500円まで安くなった!
引越し料金が【50%以上も安くなった】、引越し一括見積もりとは?

テレビでおなじみの大手引越し業者から、地域密着型の引越し業者まで、全国160社からなる提携業者の中から、あなたにあったサービスの最安値業者が分かります。
引越し侍は全国160社以上と提携!
引越し侍の主な全国提携業者
※裏技:すでに業者が決まっている方でも、一括見積もりの中の最安の見積り書をその業者に持っていけば、今よりも更にお安くなる可能性大です!

→【無料で使える】一括見積もりの公式サイト

年金手帳の住所変更

引越しに伴う年金手帳の住所変更は、自分が一体どのような被保険者なのかを知るところから始まります。国民年金の第何号被保険者かを確認してください。国民年金は第一号被保険者から第三号被保険者まであります。

 

第一号被保険者に該当するのは、自営業、学生、フリーター、無職の方です。第一号被保険者の場合、他の市区町村への引越しの場合は引越し前の手続きは特に必要ありません。引越し後は、14日以内に住所変更手続きを行うことになります。新しい住所の市区町村役場へ転入届を出す際に、国民年金の住所変更の手続きを行うとよいでしょう。その際には年金手帳と印鑑が必要になります。

 

同一市区町村内での引越しの場合は、転居届と同時に自動で年金の住所変更も行われることがほとんどです。そのため特別な手続きをする必要はありませんが、念のため転居届を出した時に確認しておくとよいでしょう。

 

第二号被保険者に該当するのは、会社員や公務員など、厚生年金や共済組合に同時加入している方です。
第二号被保険者に該当する方については、同一市区町村内外の引越しを問わず、一律勤務先での手続きになりますが、転勤などの場合は勤務先に住所変更の申請を行えば、後は勤務先の会社が全て手続きを行ってくれます。
転職した場合でも勤務先で新たに年金加入の申請をすることになりますので、その手続きが住所変更と同様のものになります。

 

第三号被保険者は、第二号被保険者の扶養に入っている配偶者が該当します。
第三号被保険者の場合は、配偶者が勤務先に住所変更の申請を行うことで、同時に変更手続きが取られますので、第二号被保険者が勤務先で住所変更手続きを行ってもらえばそれでよいです。

 

他には、引越しと同時に被保険者の号数が変わることがあります。例えば就職や転職に伴う引越しや、結婚による引越しがそれに該当します。
就職や転職に伴う引越しの場合は、第一号から第二号への変更やその逆が考えられます。
結婚による引越しの場合は、第一号もしくは第二号から、第三号への変更が発生する可能性がありますので、そういった場合は、変更になった号数に従った手続きを行ってください。
第二号から第一号への変更になった場合は第一号に準じた手続きを、第一号や第二号から第三号に変更になった時には第三号に従った手続きを取ることになります。

 

ご自分の被保険者号数が判らない場合には、年金手帳を確認するなどして、必要に応じた手続きをしっかり行うようにすれば間違いないでしょう。

 

そして一つマメ知識ですが、この様な手続き関係に追われ、引越し業者選びの時間が無い方にお勧めなのが、ネットで無料で利用出来る引越し価格の無料一括見積もりサービスです。

 

約1分で簡単入力出来るようになっていますし、見積り取得だけなら完全無料です。もらった大手引越し業社数社の見積りの中から、価格とサービスに納得のいく所にお願いすれば良いのです。

 

お仕事で忙しい方が引越す場合、この様なサービスを利用する事が主流になりつつあります。

 

複数社で一括見積もりを取る事で、一番安い業者と、一番サービスの良い業者が分かります!

引越し一括見積もり