引越し 手続き


126,000円→52,500円まで安くなった!
引越し料金が【50%以上も安くなった】、無料で出来る引越し一括見積もりとは?

テレビでおなじみの大手引越し業者から、地域密着型の引越し業者まで、全国160社からなる提携業者の中から、あなたにあったサービスの最安値業者が分かります。
引越し侍は全国160社以上と提携!
引越し侍の主な全国提携業者
※裏技:すでに業者が決まっている方でも、一括見積もりの中の最安の見積り書をその業者に持っていけば、今よりも更にお安くなる可能性大です!

→【無料で使える】一括見積もりの公式サイト

引越し保険について

「大事にしていた物が紛失してしまった」
「高額な絵画に傷がついて、商品価値が下がってしまった」
「先祖代々受け継いできた貴重な壺が割れてしまった」
「大型家具の搬入中に壁に傷がついてしまった」

 

短期間でやるべきことが盛りだくさんの「引っ越し」。何かとトラブルが発生しやすいんですよね。なかでも注意したいのが、搬送中の「荷物の破損・紛失」です。特に、繁忙期の3月〜4月は作業に慣れない日雇いアルバイトや派遣社員が多いので、特に気を付けたいところですね。

 

壊れてしまってから涙目になっても、後の祭り。元には戻りません。冒頭のようなトラブルに備えて、必ず「保険」をかけておきましょう。

 

「引っ越し」の際に必要となる「保険」は、大きく二つあります。運送業者が荷物に対してかける「運送業者貨物賠償責任保険」と、荷物の持ち主(あなた)がかける「引越荷物運送保険」ですね。

 

「運送業者貨物賠償責任保険」は荷物を運んでいる途中や保管中の紛失や損傷に備えて、たいていの業者が加入しております。補償額の上限は1000万円程度で荷物の持ち主(あなた)は保険料を支払う必要がありません。業者が賠償責任を負うために加入する保険なので、基本的には「引っ越し」料金に含まれているとお考えください。

 

ただ、注意してほしいのが、「運送業者貨物賠償責任保険」のカバー範囲は「荷物の保管中と搬送中」に限られている点です。対象となる事故も、「落下による破損」や「車両事故」、「盗難」、「水漏れ」といったかたちで細かく設定されており、該当しない場合は保証されません。

 

美術品や骨董品などの高額品をはじめ、現金や現金同等物の紛失、家電製品の故障などは「運送業者貨物賠償責任保険」の対象外となるケースがほとんどです。

 

美術品や骨董品、什器、ピアノといった「運送業者貨物賠償責任保険」の対象外となる物を搬送する場合は、荷物の持ち主(あなた)がご自身で「引越荷物運送保険」に加入したほうが安心ですね。掛け金は補償内容によってまちまちですが、だいたい1品当たり1000円〜3000円くらいが相場と言えるでしょう。

 

たいていの運送業者は、それぞれが損害保険会社と代理店契約を結んでいます。そのため、保険会社と直接やりとりせず、運送業者にお願いするだけでスムーズに手続きが行えるんですね。

 

運送業者を使わない引越しでも、大切な荷物を搬送する場合、保険会社に問い合わせてみましょう。あなたのニーズと予算に合わせた「保険」を提案してくれますよ。

126,000円→52,500円まで安くなった! 引越し料金が【50%以上も安くなった】、無料で出来る引越し一括見積もりとは? テレビでおなじみの大手引越し業者から、地域密着型の引越し業者まで、全国160社からなる提携業者の中から、あなたにあったサービスの最安値業者が分かります。 引越し侍は全国160社以上と提携! 引越し侍の主な全国提携業者 ※裏技:すでに業者が決まっている方でも、一括見積もりの中の最安の見積り書をその業者に持っていけば、今よりも更にお安くなる可能性大です!

→【無料で使える】一括見積もりの公式サイト