4LDKの引越し料金

4LDK引越し料金

4LDKは、一つのリビングと、食堂+台所、それに独立した四つの部屋のある空間です。四つという部屋数は、かなり広い住居です。一人での住まい、または夫婦や友人二人で住むには、広すぎます。4LDKというのは、間違いなく大家族向きの住居です。住んでいる人数は、四人以上。五人家族や六人家族でも、楽に住むことが出来る、充分な広さがあります。引越しをする場合、3LDKとの違いは、そこに住む住居者が多いということです。引越し料金の目安となるのは、運搬する荷物の量、作業者数、移動距離です。その中の荷物には、まずリビングがあります。リビングには、多くの電化製品や家具があります。まずはソファセットですが、四、五人以上の家族になると、大きな三人掛けソファの他にも、二人人掛けのソファや、一人掛けのソファがあります。そして床には、勿論、ふかふかの絨毯を敷き詰めてあります。電化製品は、テレビ、録画機器、オーディオセット、エアコン、ストーブ等があります。家具は、ソファの他にも、リビングボード、書棚等があります。リビング以外の電化製品としては、基本的なものとして、冷蔵庫×1、電子レンジ×1、炊飯器×1、ガスコンロまたはIHクッキングヒーター×1、エアコン×1、ストーブ×1、掃除機×1、洗濯機×1があります。これらの電化製品も、家族の人数によって、かなり大型となります。特に冷蔵庫などは大容量であり、冷蔵庫の他に、独立した冷凍庫×1がある場合もあります。この中の電化製品でも、エアコン、ストーブ、テレビ、録画機器等は、複数台あります。高年齢の子供さんがいる場合には、特に多くなります。4LDKの引越しの場合には、通常でも、それぞれ2台〜3台があります。また家具類には、テーブル(イス)、食器棚、ベッド、タンス、机(イス)、寝具類があります。この中で共有できる家具は、テーブル(イス)、食器棚、タンスだけですが、それらは全て、大人数で使用可能な大きな家具です。また家族の人数分だけベッドがあり、子供さんの人数だけ、机とイス、自転車等が必要です。勿論、寝具類も人数分が必要になります。外回りの荷物としては、物干し台や植え木鉢等もあります。そんな大容量の引越しの荷物を運搬するためには、11トン車クラスの大きなトラックが必要です。但しその場合に、引越し前の家と、引越し先の家の前に、大きなトラックが駐車可能かどうかを調査しておく必要があります。大きなトラックは、荷物の積み下ろし作業が困難です。出来るだけ、4トン車クラスで、トラックの台数を増やすことが望ましいと言えます。作業員の人数としては6人程度ですが、荷物の多い分だけ時間が掛かることになります。梱包するダンボールも大、中を合わせて、60箱〜70箱が必要です。4LDKの引越し料金は、近距離の場合でも16万円〜20万円が必要になります。

4LDKの引越し料金関連ページ

単身の引越し料金
これはもう、引越しをするにあたっての最低限の手続きと言えるでしょう。転入届、ガス、水道…etc。考えただけで面倒になってきますが、当サイトを参考にして事前に準備をしておけば意外と簡単に片付く事に気付くはずです。引越しをするにあたって避けて通れない手続き関係を分かり易く解説していきます。
1DKの引越し料金
1DKにお住まいの方の平均的な荷物の量から、引越しにかかる費用を計算し、更に最安値で安心できる業者を見つける方法を、分かりやすくご紹介しています。
2DKの引越し料金
2DKにお住まいの方の平均的な荷物の量から、引越しにかかる費用を計算し、更に最安値で安心できる業者を見つける方法を分かりやすくご紹介しています。
2LDKの引越し料金
2LDKにお住まいの方の平均的な荷物の量から、引越しにかかる費用を計算し、更に最安値で安心できる業者を見つける方法を、分かりやすくご紹介しています。
3DKの引越し料金
3DKにお住まいの方の平均的な荷物の量から、引越しにかかる費用を計算し、更に最安値で安心できる業者を見つける方法を、分かりやすくご紹介しています。
3LDKの引越し料金
3LDKにお住まいの方の平均的な荷物の量から、引越しにかかる費用を計算し、更に最安値で安心できる業者を見つける方法を、分かりやすくご紹介しています。
126,000円→52,500円まで安くなった! 引越し料金が【50%以上も安くなった】、無料で出来る引越し一括見積もりとは? テレビでおなじみの大手引越し業者から、地域密着型の引越し業者まで、全国160社からなる提携業者の中から、あなたにあったサービスの最安値業者が分かります。 引越し侍は全国160社以上と提携! 引越し侍の主な全国提携業者 ※裏技:すでに業者が決まっている方でも、一括見積もりの中の最安の見積り書をその業者に持っていけば、今よりも更にお安くなる可能性大です!

→【無料で使える】一括見積もりの公式サイト