引越し 手続き


126,000円→52,500円まで安くなった!
引越し料金が【50%以上も安くなった】、無料で出来る引越し一括見積もりとは?

テレビでおなじみの大手引越し業者から、地域密着型の引越し業者まで、全国160社からなる提携業者の中から、あなたにあったサービスの最安値業者が分かります。
引越し侍は全国160社以上と提携!
引越し侍の主な全国提携業者
※裏技:すでに業者が決まっている方でも、一括見積もりの中の最安の見積り書をその業者に持っていけば、今よりも更にお安くなる可能性大です!

→【無料で使える】一括見積もりの公式サイト

単身の引越し料金

単身での引越しには、大学生活の始まりや、職場での転勤の単身赴任があります。一人で生活をする訳ですから、引越しの荷物も、それほど多くはありません。しかし裏を返せば、一人の生活でも五人の生活でも、電化製品や家具は必要です。一人当たりの人数割で考えた場合には、単身の引越しの方が、割高になるのかもしれません。単身の引越しの場合の電化製品は、キッチン周辺として、冷蔵庫×1、電子レンジ×1、炊飯器×1、ガスコンロまたはIHクッキングヒーター×1があります。そして、その他の電化製品には、テレビ×1、エアコン×1、ストーブ×1、掃除機×1、洗濯機×1があります。家具としては、テーブル(イス)×1、食器棚×1、ベッド×1、タンス×1、そして机(イス)×です。その他にも、小物を入れるカラーボックス、寝具等が必要です。単身で引越しをする場合の荷物としては、この程度です。趣味のオーディオセット、パソコンやプリンター等と、細かな電化製品がある場合もあります。しかし単身で引越しをする場合は、大抵、必要最小限の荷物しか持って行きません。ですから、電化製品にしても、家具にしても、小さなものばかりです。衣類や書籍等は、ダンボール箱に入れて梱包します。単身の引越しであっても、四季を通しての下着や上着類は、とても多くなります。最低でも、中ダンボール10〜15箱は必要です。引越し料金というのは、基本的に、運搬する荷物の量、それらに関わる作業者の人数、そして移動距離によって変化します。その他にも、例えば、1階から1階への引越しと、10階から10階への引越しでは、自ずと料金は違ってきます。エレベーターが有るか無いか、またそのエレベーターに荷物が入るか入らないか、によっても引越し料金は変化します。トラックが玄関先に駐車出来るかどうかも、またその要因となります。これらを全く考えないで、基本的な運搬量、作業者数、移動距離だけで料金を試算してみますと、単身の場合には、その運搬量から、トラックは2トントラック1台、または軽トラックでも引越しが可能なときがあります。この場合には、梱包をしたり運搬したりする作業員は、1名〜2名です。引越しの料金は、その移動距離によって変わります。近距離であれば、2万5千円から4万円程度です。ただ、引越し料金の基礎運賃には、時間制と距離制があります。時間制の場合には、基礎時間+超過時間の料金。そして距離制の場合には、基礎距離+超過距離の料金となります。どちらがお得になるか、試算してみてください。

単身の引越し料金関連ページ

1DKの引越し料金
1DKにお住まいの方の平均的な荷物の量から、引越しにかかる費用を計算し、更に最安値で安心できる業者を見つける方法を、分かりやすくご紹介しています。
2DKの引越し料金
2DKにお住まいの方の平均的な荷物の量から、引越しにかかる費用を計算し、更に最安値で安心できる業者を見つける方法を分かりやすくご紹介しています。
2LDKの引越し料金
2LDKにお住まいの方の平均的な荷物の量から、引越しにかかる費用を計算し、更に最安値で安心できる業者を見つける方法を、分かりやすくご紹介しています。
3DKの引越し料金
3DKにお住まいの方の平均的な荷物の量から、引越しにかかる費用を計算し、更に最安値で安心できる業者を見つける方法を、分かりやすくご紹介しています。
3LDKの引越し料金
3LDKにお住まいの方の平均的な荷物の量から、引越しにかかる費用を計算し、更に最安値で安心できる業者を見つける方法を、分かりやすくご紹介しています。
4LDKの引越し料金
4LDKにお住まいの方の平均的な荷物の量から、引越しにかかる費用を計算し、更に最安値で安心できる業者を見つける方法を、分かりやすくご紹介しています。
126,000円→52,500円まで安くなった! 引越し料金が【50%以上も安くなった】、無料で出来る引越し一括見積もりとは? テレビでおなじみの大手引越し業者から、地域密着型の引越し業者まで、全国160社からなる提携業者の中から、あなたにあったサービスの最安値業者が分かります。 引越し侍は全国160社以上と提携! 引越し侍の主な全国提携業者 ※裏技:すでに業者が決まっている方でも、一括見積もりの中の最安の見積り書をその業者に持っていけば、今よりも更にお安くなる可能性大です!

→【無料で使える】一括見積もりの公式サイト