引越し 電気


126,000円→52,500円まで安くなった!
引越し料金が【50%以上も安くなった】、無料で出来る引越し一括見積もりとは?

テレビでおなじみの大手引越し業者から、地域密着型の引越し業者まで、全国160社からなる提携業者の中から、あなたにあったサービスの最安値業者が分かります。
引越し侍は全国160社以上と提携!
引越し侍の主な全国提携業者
※裏技:すでに業者が決まっている方でも、一括見積もりの中の最安の見積り書をその業者に持っていけば、今よりも更にお安くなる可能性大です!

→【無料で使える】一括見積もりの公式サイト

電気の引越し手続き

引越しの際には、ライフライン関係も全て利用停止の手続きを取らなくてはいけません。
電気もその中の一つです。

 

引越し予定日が決まったら、余裕をもって引越し日の1〜2週間前には手続きをしておくとよいでしょう。
最悪の場合引越し日の当日でも間に合いますが、引越し日当日は色々と忙しいので忘れないようにするためにも早めの手続きをお勧めします。

 

まず引越し前の電気使用停止手続きに関してですが、電話もしくは各電力会社のウェブサイトからの手続きが可能です。
ウェブサイトからの手続きに関しては、引越し予定日の2〜3営業日前までには済ませなくてはいけませんので、ご注意ください。
窓口が近くにあるなら直接赴いて手続きをしてもかまいません。

 

手続きに必要な情報は、引越し予定日(利用停止予定日)と、現住所、新住所、氏名、お客さま番号になります。
お客さま番号については、領収書や電気ご使用量のお知らせに記載されていますので、そちらを確認してください。

 

電気料金の精算については、3種類の方法があります。
まずは引越し当日に現住所まで集金に来てもらう方法です。
よほど早い時間帯での引っ越し時間でない限り、この方法でも問題ないでしょう。
口座振替やクレジットカード払いを利用している場合は、そのままの支払いを選択できます。
これが一番簡単ですが、口座振替やクレジットカード払いを利用していない人はこの方法は選べません。
また、東京電力から関西電力へ等、電力会社の管轄が変わる引越しの場合も使えません。
同じ電力会社管轄内での引越しの場合は問題ありません。
3つ目は、振込用紙を新住所に郵送してもらい、それを持って支払いをする方法です。
引越しに際して当日は何かと忙しいものです。
集金に来てもらうよりはこちらの方が手軽で良いでしょう。

 

荷物を全て搬出し、清掃など全て終了したら、退去前には必ずメインブレーカーを落としていく事を忘れないでください。
メインブレーカーが上がったままだと、備え付けの電化製品による待機電力が発生するため、当日集金以外の方法を選択した場合余計な電気使用料金が発生します。

 

引越し後の新住所で電気を使用する場合は、メインブレーカーと漏電遮断器のスイッチをオンにします。
これですぐに電気の利用が開始できます。
正式な手続きは、電気使用申込書に必要事項を記載の上、郵送することで終わりです。
賃貸物件ならば新聞受けやポストの中、もしくは玄関などわかりやすいところに備えてあります。
もしこの書類が見つからない場合は、電力会社に問い合わせをしてください。

 

電気の引越し手続き関連ページ

引越し先でのガスの手続き
水道高熱関係は引越しの際に必ずしなければいけない手続きですよね。その土地土地でガス会社も様々ですし、手続きの方法も少しずつ変わってくるのではないでしょうか。ですが、基本的な部分では一緒ですので、不安な方は当サイトを参考にして手続きしてみて下さい。
引越し先での水道の手続き
水道高熱関係は引越しの際に必ずしなければいけない手続きですよね。水道に関しては行政の管轄ですので、市役所などに行って聞けば分かると思いますが、不安な方は当サイトを参考にして手続きしてみて下さい。
引越し先でのインターネットの手続き
引越しに伴うインターネットの手続きって、本当に面倒ですよね。当サイトでは1つずつ整理して分かりやすく説明し、一番簡単でお得なインターネットの手続き方法をご紹介しています。
126,000円→52,500円まで安くなった! 引越し料金が【50%以上も安くなった】、無料で出来る引越し一括見積もりとは? テレビでおなじみの大手引越し業者から、地域密着型の引越し業者まで、全国160社からなる提携業者の中から、あなたにあったサービスの最安値業者が分かります。 引越し侍は全国160社以上と提携! 引越し侍の主な全国提携業者 ※裏技:すでに業者が決まっている方でも、一括見積もりの中の最安の見積り書をその業者に持っていけば、今よりも更にお安くなる可能性大です!

→【無料で使える】一括見積もりの公式サイト