引越し 転校届け


126,000円→52,500円まで安くなった!
引越し料金が【50%以上も安くなった】、無料で出来る引越し一括見積もりとは?

テレビでおなじみの大手引越し業者から、地域密着型の引越し業者まで、全国160社からなる提携業者の中から、あなたにあったサービスの最安値業者が分かります。
引越し侍は全国160社以上と提携!
引越し侍の主な全国提携業者
※裏技:すでに業者が決まっている方でも、一括見積もりの中の最安の見積り書をその業者に持っていけば、今よりも更にお安くなる可能性大です!

→【無料で使える】一括見積もりの公式サイト

転校届けの手続き

就学中の子供がいる場合の引越しは、引越し先の学校へ通えるようにするために転校の手続きをしなくてはいけませんが、行政地区によって手続きが違っていたりするので、引越しが決まったら早めに担任の先生に相談しておきましょう。

 

そして実は同じ転校届けでも、義務教育である小中学校と、そうではない高校の場合でも手続きは異なってきます。公立か私立かでも手続きは変わってきます。

 

ここでは公立の小中学校の場合の一般的な手続きの流れを説明します。

 

まず保護者が通学中の学校へ転校届を提出します。この用紙は学校が持っています。提出の際には印鑑が必要です。
そうすると学校からは、転校確認書というものが発行されますので、それを持って市区町村役場へ行き、転出届と同時に提出します。
市区町村役場からは転出証明と転出学通知書が発行されることになりますので、そのうちの転出学通知書を現在通っている学校に提出します。
学校から在学証明書と教科書給与証明書というものが渡されます。

 

ここまでが引越し前の学校と市区町村役場で行う手続きです。

 

転入手続きの際に、引越し先の市区町村役場で転出証明と一緒に在学証明書を提出します。市区町村役場では、転入通知書が発行されます。
転入先の学校に、前の学校で発行された在学証明書と、引越し先の市区町村役場で発行された転入通知書を持っていきます。

 

以上で義務教育課程の場合における転校の手続きは完了です。

 

高校においての転校手続きは各都道府県によって違うので、都道府県教育委員会に問い合わせを行うことになります。
まず引越し先で通うための高校に欠員があることが前提になります。高校では定員が決まっているので、一定以上の人数は受け入れられないのです。そのため必ずしも希望する高校に転校できるとは限りません。欠員があり、転入受け入れが可能な場合は、編入試験を受けて合格ラインを突破する必要もあります。

 

私立の場合は、希望する学校がある都道府県の教育委員会や私立中学高等学校協会に問い合わせをすることになります。その後は直接希望する学校に手続きを行うことになります。公立同様定員に達している場合は転入を受け入れてくれません。欠員がある場合は編入試験と簡単な面接試験を受けて合格する必要があります。

 

いずれの場合も高校の転校は転校先の欠員があることがほぼ必須条件であり、そのうえで編入試験に合格しなければ転校は認められないということです。
通学していた高校と同等程度の学力で、無理なく通える高校を探す必要があるでしょう。

 

そして一つマメ知識ですが、この様な手続き関係に追われ、引越し業者選びの時間が無い方にお勧めなのが、ネットで無料で利用出来る引越し価格ガイドの様なサービスです。

 

約1分で簡単入力出来るようになっていますし、見積り取得だけなら完全無料です。もらった大手引越し業社数社の見積りの中から、価格とサービスに納得のいく所にお願いすれば良いのです。

 

お仕事で忙しい方が引越す場合、この様なサービスを利用する事が主流になりつつあります。

 

転校届けの手続き関連ページ

引越しの際の転出・転入届
引越ししたら必ずやらなければいけないことの一つが「転入届」です。もちろん、今まで住んでいた所からの「転出届」も必要になります。初めて引越しする方や、まだ手続きに慣れていない方、当サイトを参考にして手続きを行って下さい。
住民票の手続き
住民票の手続きは、転出・転入届を出せばそれで済むのですが、いまいちよく分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか?当サイトを参考にして頂ければ、スッキリ出来るはずです。
国民健康保険の手続き
国民健康保険の住所変更は、同じ市町村内で引越す場合は簡単な手続きで終わりますが、別な所へ引越す場合は資格喪失と加入手続きが必要になります。面倒な事は一切ありませんので、当サイトをご覧になり忘れずに手続きしましょう。
印鑑登録の手続き
転出・転入届と一緒に行っておきたいのが、この印鑑登録の手続きでしょう。行政が変わる地区へ引越す場合は、必ず必要な手続きですので、当サイトを参考にしてサッと済ませておきましょう。
引越し後の乳幼児医療費助成の手続き
乳幼児医療費助成の手続きは、同じ市町村内だと簡単な住所変更などで終了ですが、別な場所へ引越すとなると資格者証を返却したりと、少々面倒になります。不安な方は当サイトを参考にして手続きを行ってみて下さい。
126,000円→52,500円まで安くなった! 引越し料金が【50%以上も安くなった】、無料で出来る引越し一括見積もりとは? テレビでおなじみの大手引越し業者から、地域密着型の引越し業者まで、全国160社からなる提携業者の中から、あなたにあったサービスの最安値業者が分かります。 引越し侍は全国160社以上と提携! 引越し侍の主な全国提携業者 ※裏技:すでに業者が決まっている方でも、一括見積もりの中の最安の見積り書をその業者に持っていけば、今よりも更にお安くなる可能性大です!

→【無料で使える】一括見積もりの公式サイト