引越し 国民健康保険

国民健康保険の手続き

学生のため就職していなかったり、自営業などの勤務形態によって社会保険に加入していない場合は、国民健康保険に加入することになっています。
国民健康保険加入者は、引越しの際にそれに関する手続きを行わなくてはいけません。
※健康保険に加入していないと、病院にかかった時の医療費が全額自費負担になります。

 

保険証を市町村に返す(国民健康保険の資格喪失手続き)

引越し前の市町村に保険証を返すことが国民健康保険の資格喪失手続きとなります。
この手続きは転出届と同様引越しの14日前から行うことが出来ますが、転出届を提出しに行く際に同時に行うのが良いでしょう。手続きに必要なものは、現在加入している国民健康保険証です。

 

急病などで病院にかからなければならない場合、早めに手続きを取ってしまうと保険証がない状態で病院にかからなくてはいけません。
そのため余裕を持たせつつ、あまり長い期間保険証がない状態が続かないようにしましょう。

 

引越し先の市町村で国民保険に新規加入する。

転出届と同時に保険証を返して資格喪失手続きをしましたが、次は転入届と一緒に引越し先の市町村役場で新規加入することが出来ます。
病気などで病院にかかるときには必要になってきますので、早めの手続きを心がけましょう。

 

加入の際に必要なものは、転出証明書、保険料の口座振替に利用する預金通帳もしくはそれに準じるもの、銀行口座届出印、免許証やパスポートなどの身分証明書です。
また、結婚などによって既に国民健康保険に加入している世帯に新たに転入する場合は、今持っている保険証を持参する必要があります。

 

保険証が無い期間に病院にかかったら!?

引越しの間に保険証がない状態で病院にかかった時は、一時的に全額自己負担となりますが、転入先で国民健康保険に加入する際に領収書を提出すれば、実費負担分の7割は返却されます。
実費負担となった時の医療費が自己負担にならないために、領収書を必ず保管しておくことが大事です。

 

 

まだ引越し業者を決めていない方へ。

一つマメ知識ですが、引越し業者選びがまだ済んでいない方にお勧めなのが、ネットで簡単に利用できる引越し価格の無料一括見積もりサービスです。

 

ネットで信頼出来る最安値の引越し業者を探す事が現在では主流になりつつあります。

 

126,000円→52,500円まで安くなった!
引越し料金が【50%以上も安くなった】、無料で出来る引越し一括見積もりとは?

テレビでおなじみの大手引越し業者から、地域密着型の引越し業者まで、全国160社からなる提携業者の中から、あなたにあったサービスの最安値業者が分かります。
引越し侍は全国160社以上と提携!
引越し侍の主な全国提携業者
※裏技:すでに業者が決まっている方でも、一括見積もりの中の最安の見積り書をその業者に持っていけば、今よりも更にお安くなる可能性大です!

 

無料の一括見積もりで最安業者を見つける!

国民健康保険の手続き関連ページ

引越しの際の転出・転入届
引越ししたら必ずやらなければいけないことの一つが「転入届」です。もちろん、今まで住んでいた所からの「転出届」も必要になります。初めて引越しする方や、まだ手続きに慣れていない方、当サイトを参考にして手続きを行って下さい。
住民票の手続き
住民票の手続きは、転出・転入届を出せばそれで済むのですが、いまいちよく分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか?当サイトを参考にして頂ければ、スッキリ出来るはずです。
印鑑登録の手続き
転出・転入届と一緒に行っておきたいのが、この印鑑登録の手続きでしょう。行政が変わる地区へ引越す場合は、必ず必要な手続きですので、当サイトを参考にしてサッと済ませておきましょう。
引越し後の乳幼児医療費助成の手続き
乳幼児医療費助成の手続きは、同じ市町村内だと簡単な住所変更などで終了ですが、別な場所へ引越すとなると資格者証を返却したりと、少々面倒になります。不安な方は当サイトを参考にして手続きを行ってみて下さい。
転校届けの手続き
小中高に通っているお子様がいらっしゃる場合には、この転校届けも必ず必要な手続きになります。転校と一口で簡単に言いますが、これにもきちんとした手続きが必要です。高校の場合は少し勝手が違ってきますので、こちらを参考にして頂ければと思います。
126,000円→52,500円まで安くなった! 引越し料金が【50%以上も安くなった】、無料で出来る引越し一括見積もりとは? テレビでおなじみの大手引越し業者から、地域密着型の引越し業者まで、全国160社からなる提携業者の中から、あなたにあったサービスの最安値業者が分かります。 引越し侍は全国160社以上と提携! 引越し侍の主な全国提携業者 ※裏技:すでに業者が決まっている方でも、一括見積もりの中の最安の見積り書をその業者に持っていけば、今よりも更にお安くなる可能性大です!

→【無料で使える】一括見積もりの公式サイト