引越し 手続き


126,000円→52,500円まで安くなった!
引越し料金が【50%以上も安くなった】、無料で出来る引越し一括見積もりとは?

テレビでおなじみの大手引越し業者から、地域密着型の引越し業者まで、全国160社からなる提携業者の中から、あなたにあったサービスの最安値業者が分かります。
引越し侍は全国160社以上と提携!
引越し侍の主な全国提携業者
※裏技:すでに業者が決まっている方でも、一括見積もりの中の最安の見積り書をその業者に持っていけば、今よりも更にお安くなる可能性大です!

→【無料で使える】一括見積もりの公式サイト

引越し前と引越し後、両方で行う手続きエントリー一覧

引越しの際の転出・転入届

引越しをする際には、荷造りなどで色々と時間をとられがちです。しかしその中でも忘れてはいけないのが行政機関への各種届出関係です。最初に必要になるのは、引越しをするために現在住んでいる住所から転居することを示す転出証明を取得することです。よほど急な転居でもない限り、引越し先は1か月くらい前から決まってい...

続きを読む

住民票の手続き

住民票の手続きというのは、具体的に何か特別なことをするものではありません。引越しの際に行う、転居届または転出届と転入届のことを指すものです。同一市区町村内での引っ越しの際に行うのが転居届です。これは引越し後14日以内に行う必要があります。転居届を行えば、同時に住民票も移ります。同一市区町村内での手続...

続きを読む

国民健康保険の手続き

学生のため就職していなかったり、自営業などの勤務形態によって社会保険に加入していない場合は、国民健康保険に加入することになっています。国民健康保険加入者は、引越しの際にそれに関する手続きを行わなくてはいけません。※健康保険に加入していないと、病院にかかった時の医療費が全額自費負担になります。保険証を...

続きを読む

印鑑登録の手続き

同一市区町村内での引越しの場合は、全て紐づけられているので行政側が自動で行ってくれますが、行政地区が変わる場合の引越しの場合は印鑑登録証明も返却しなくてはいけません。転出届を申請する際に一緒に持参して、返却しましょう。印鑑登録とは、「自分だけの印鑑」を登録するためのものです。個人の登録となりますので...

続きを読む

引越し後の乳幼児医療費助成の手続き

子供のための医療費を軽減する目的で設立されているのが、乳幼児医療費助成制度です。しかしこの制度は、国民健康保険などとは異なり地方自治体によって受給資格が全く違うという点があげられます。所得証明による世帯の所得基準も、対象となる子供の年齢も、その支払い方法すらも全て違ってきますので注意が必要です。転出...

続きを読む

転校届けの手続き

就学中の子供がいる場合の引越しは、引越し先の学校へ通えるようにするために転校の手続きをしなくてはいけませんが、行政地区によって手続きが違っていたりするので、引越しが決まったら早めに担任の先生に相談しておきましょう。そして実は同じ転校届けでも、義務教育である小中学校と、そうではない高校の場合でも手続き...

続きを読む

126,000円→52,500円まで安くなった! 引越し料金が【50%以上も安くなった】、無料で出来る引越し一括見積もりとは? テレビでおなじみの大手引越し業者から、地域密着型の引越し業者まで、全国160社からなる提携業者の中から、あなたにあったサービスの最安値業者が分かります。 引越し侍は全国160社以上と提携! 引越し侍の主な全国提携業者 ※裏技:すでに業者が決まっている方でも、一括見積もりの中の最安の見積り書をその業者に持っていけば、今よりも更にお安くなる可能性大です!

→【無料で使える】一括見積もりの公式サイト